実践&結果検証編

FXドル円は下落トレンド突入か!?どんなときも根拠を持ってトレードを

どうも〜、こんにちは。
もうクリスマス目前ですね。今年も残りわずか。
年末の賑わっている感じ、好きですねー。
大掃除や年末の準備をそろそろやらないと…。

今年も終わろうとしている中、ドル円は少し動き出してきましたね。
短期的に下落トレンドに入ってきていますね。
昨日、戻り売り狙いで売りを仕掛けて本日ジムに行っている間に利確していました。
ちなみに、ジムもサボらずちゃんと行ってます笑
では日足から見ていきましょう。

FXドル円日足の状態

ドル円日足1220
前回書いた記事で、持ち合いの様な形でそろそろ動き出しそうということで書いていました。

今の状態はというと、サポートラインを抜けて下落してきています。
とはいえ、日足で見る限りだとまだ下落トレンドに入っているとまでは言えないという感じ。

111円前半まで落ち込むと確実に下落トレンドに入ったと判断していいかなと思います。

ドル円1時間足の状態は

ドル円1時間足1220
1時間足では一度下落トレンドに入って、一服してまた下落が始まったという感じでしょうか。

今回はその下落がひと段落して上がってきたところを狙って、売りを仕掛けていました。
ちょうど矢印のあるところですね。レジスタンスラインもありましたし、狙い目としてはちょうどよかったのです。

今朝にかけて約定しており、昼間に利確していたという感じです。
また下落しつつある状態なので、今度は買いで仕掛けようと思っています。
狙い目としては、やはり111円前半ぐらいなのですが111.45ぐらいがいいかなーと見ています。

トレンド時というのは、わかりやすいので仕掛けやすいです。
他の通貨でもわかりやすくなっています。
ユーロドルはもちろん、豪ドルなんかも下落トレンドに入っているので、仕掛けてみてもいいのではないでしょうか。
ちなみに、本日は21時にイギリスの金利発表があるのでポンドルは様子見て仕掛けましょうね。

根拠を持ってトレードを

このブログでも何回も言っていますが、トレードするときは根拠を持ってやりましょう。

適当に下落しているから売りで入るとか、ここぐらいまで下がれば上がるだろうから含み損抱えていてもまだ大丈夫だろうとか。

そんな感覚でトレードしていたら、いつか大きな負けを喰らってしまいます。
経験者は語るってやつですね笑

・なぜ買いを入れるのか。売りを入れるのか。
・なんでここで決済したのか。
・負けたのならばなぜ負けたのか。

この辺りをしっかり考えてぜひトレードして見てください。
勝率は上がるはずです。

 

それでは、また!