FXの基礎知識

そもそもFXとは

今回は、FXとはについて簡単に説明しています。

こちらの動画に今回の記事を全てまとめています。では、改めてFXとはについて書いていきます。

そもそもFXとは

よくニュースなどで1ドルあたり10510銭~20銭で取引されています。など言っていますが、現在1ドルの価値を表しています。FXは外国の通貨を売買することで、その差益を得る取引です。

わかりづらいということであれば、両替と考えるとわかりやすいかも知れません。

例えば、1ドル=100円のときにドルを買い1ヶ月後に1ドル=110円になり決済した場合、「10円の利益」になります。もし仮に100万円分のドル(1万ドル)を買っていたとすれば、利益は「10万円」です。

一方で、10万円分のドル(1,000ドル)しか買っていなければ、利益は「1万円」です。

このようにドルが上昇した場合、多くのドルを買えば買うほど利益が出ます。

売ることから始めることもできる

また、FX売ることから始めることも可能です。例えば、1ドル110円の時に売り、1ドル100円になった時に買い戻した場合は差し引き10円の利益を得ることができます。売ることからも始めることができるため、景気に左右されて利益を出すことができないということはありません。

好景気だろうと不景気だろうと利益は出すことはできます。不況時でも全く問題ありません。

まだまだイメージは悪い

とはいえ、FXや投資についてはまだまだ世間のイメージ的にはよくはありません。

ネットニュースや動画などでは、どうしても負けている人ばかりが注目されてしまい、結果としてイメージが悪くなっています。

ただ、FXはきちんと戦略的にやれば利益を積み重ねることは十分可能です。

単純に上がりそうだから下がりそうだからでやってしまうと、すぐに資金を溶かして市場から退場することになります。

勉強することは必要ですが、年齢も学歴も関係がないので、これらからのコンテンツを活用して、ぜひご自身のトレードに活かしてください。