FXの基礎知識

レバレッジとは

FXコンサルの無料コンテンツです。ぜひご活用ください。

今回は、レバレッジについて解説していきます。

こちらの動画に今回の記事を全てまとめています。では、改めてレバレッジについて解説していきます。

レバレッジとは

レバレッジとは、少ない資金でも大きなお金を動かすことができるシステムです。

それは取引業者に対して自分の資金を証拠金として預け入れることで、証拠金の数倍から数百倍の金額でのトレードができます。これがレバレッジと呼ばれるものですね。まさにてこの原理です。

レバレッジ◯◯倍という言い方をします。レバレッジを掛けると、その分利益は大きくなりますが、損失もその分大きくなります。

10万円から始めたとしたら、レバレッジ10倍で100万円として取引が可能です。

レバレッジが高いと危険というわけではない

レバレッジでのトレードが可能な理由、それはFXの決済方法に理由があります。

通常の商品の売り買いのように、金銭を実際に受け渡しを行うことはありません。

トレードで発生した利益、または損失部分だけを決済するという差金決済という方法のため、少額でのトレードが可能になります。

100万円分買ったとして、その時点で100万円を支払うわけではなく、利益で110万円になっても110万円受け取るわけではありません。差額の10万円を受け取ります。

レバレッジは大きくなればなるほど、証拠金を少なくて済みます。

と言うと、よく危ないと言うことを言われることが多いです。

よく資金を溶かして市場から退場する人は、レバレッジをフルに掛けてトレードを行う人なんですね。誰がどう考えても危険です。

自己資金に対して、適切な数量でトレードを行いましょう。

適切な数量でトレードができていればレバレッジが大きいからと言って無理なトレードをしないので、安全なのです。

大事なのは、リスク管理と資金管理。これを忘れないようにしてくださいね。