FXの基礎知識

FX基礎知識 国内業者と海外業者

FXコンサルの無料コンテンツです。ぜひご活用ください。

今回は、国内業者と海外業者について簡単に解説していきます。

こちらの動画に今回の記事を全てまとめています。では、改めて国内業者と海外業者について解説していきます。

FXトレードを行うにあたり、まずは口座を開設する必要があるのですが国内業者と海外業者とどっちがいいの?と疑問に思う方も非常に多いです。結論から言うと、好きな方で開設してくださいとなります。では今回は国内と海外とどう違いがあるのかを簡単に解説していきます。

レバレッジ

国内と海外では、レバレッジに一番違いがあります。国内業者においては、金融庁の規制により最大25倍までの決まりがあります。(法人は100倍まで)

一方、海外業者では規制がありませんので、500倍や800倍、1000倍もあります。

よくレバレッジが高い=リスクが高いと言われていますが、そう言うことはありません。損失は結局、トレードする際にどれだけの量で注文するかで決まります。レバレッジが高いと、多くの数量でトレードすることが可能ですが、数量は自身で決めます。

つまり、どれだけ資金管理・リスク管理ができるかです。多くの数量でトレードできるからと言って、全資金ブッ込むようなトレードをすれば、すぐに資金が溶けて退場です。

スプレッド

簡単に言うと、手数料のようなものですね。国内業者ですと、原則で固定している業者が多いです。海外業者だと、スプレッドは変動制にしている業者が多いです。

国内は固定制にしている業者が多いのですが(DD方式)、DD方式では、トレーダーが注文すると間にディーラーが発注をかけることになります。一方、海外業者に多いNDD方式は、ディーラーを介さずにそのままトレーダーの発注が注文されます。

NDD方式には特にデメリットとなるようなところはないのですが、DD方式においてはデメリットが存在します。DD方式はスプレッドが狭いのはいいのですが、トレーダーが不利となるようにディーラーが操作することが容易に可能なのです。

そのため、ストップ狩りや不利なスリッページ、約定拒否やレート変更などが行われたりしています。

こういったことから、業者を選ぶのであればNDD採用している業者を選ぶのが良いのではないかと思います。

信託保全

これはどういうことかというと、万が一利用している証券会社が倒産してしまった場合、口座に預けている自分のお金が全額戻ってくるのかということです。国内にしろ国外にしろ信託保全している証券会社を選ぶようにしておきましょう。

ゼロカットシステム

急な相場変動により、強制ロスカットが間に合わず口座残高がマイナスになってしまった場合、マイナス分はFX業者が補填する制度です。

例えば、リーマンショック時のような一気に相場が動いた場合は、注文も殺到し、ロスカットが間に合わない。もしくは、注文を入れていた価格が大幅にずれるなどあります。そう言った時に、口座がマイナスになってしまいますが、マイナス分はFX業者が補填してくれます。

つまり、追証はないよと言うことです。

このゼロカットシステムは、国内業者にはありません。海外FX業者のみの制度です。

と言うことで、国内業者と海外業者の違いを描いてみましたが、あとはご自身の好みでしょう。

私の場合は、海外派です。海外で資金を増やして国内でも運用するという流れも良いかもしれないですね。