FXの基礎知識

FX基礎知識 必要証拠金とは

FXコンサルの無料コンテンツです。ぜひご活用ください。

今回は、必要証拠金について解説していきます。FXでは、口座に入金した金額xレバレッジ分の取引を行うことができます。ただ、取引を行うにあたり証拠金というものが必要になってきます。今回は、その証拠金について知りましょう。資金管理を行う上でも非常に大切です。

こちらの動画に今回の記事を全てまとめています。では、改めて必要証拠金について解説していきます。

必要証拠金とは

必要証拠金とは、トレードを行う際に買いと売りのポジションを維持するために必要になる金額のことを指します。

例えば、1ドル=100円の時に10,000通貨の買い注文しました。この時に必要な金額は、100×10,000通貨=100万円 です。ただ、あなたはレバレッジ25倍でトレードしていますので、100万円÷2540,000円が、ポジションを保有するために必要な金額です。

為替レートが変動すれば、もちろん必要な金額も変動します。

必要証拠金は、実際には自身で計算しなくとも自動でわかるようにはなっていますが、証拠金趣味レーションなど便利なサイトもあるので、そちらを使ってみるのもいいかもしれません。

有効証拠金とは

有効証拠金とは、あなたがどれぐらいトレードができるのかを表す余力です。有効証拠金は、必要証拠金に含み益・含み損を加えたものです。必要証拠金±含み益(含み損)=有効証拠金

証拠金維持率とは

証拠金維持率とは、保有しているポジションのトレードが、証拠金に対してどの程度の水準にあるのかというものです。

高ければ高いほど安全ですが、低ければ、その分ロスカットの可能性も出てくるので非常に危険です。

証拠金維持率=有効証拠金÷必要証拠金×100 で求めることができます。証拠金維持率が100%を下回ると、強制的にロスカットになる業者が非常に多いですね。まずそんな危険なトレードを行うことは、ないとは思いますが。

口座のお金で、どれぐらいまでのロットでトレードができるのか、1回のトレードでどれぐらいの証拠金が必要なのか、などトレードを行う上で資金管理を行うことは非常に大切です。

これらの必要証拠金、有効証拠金、証拠金維持率は、業者の売買ツールで自動で計算してくれます。自動で計算してくれるので、逆にあまり意識が向かないのかもしれません。ですが、資金とリスクの管理を投資を行う上で非常に大切なので、ぜひこの機会に覚えておきましょう。