MT4

MT4の超基本的な使い方

今回からMT4の基本的な使用方法を書いて行きます。

普段からMT4を使用している方から見ると、

あまりにも当たり前なことなんですが、

MT4を使ってないトレーダーもかなり多いというのが、

分かって管理人は衝撃を受けました(笑)

スマホや業者の取引ツールでトレードしている人が

結構多いみたいですね。

MT4のダウンロード

MT4のダウンロードは各業者のホームページからダウンロードできます。

MT4に対応していない業者もあります。

最近は、ほとんどの業者で対応しています。

mt1

MT4を使う場合は、お使いの業者がMT4に対応しているかご確認ください。

mt2

MT4で通貨ペアを増やす

mt3

ダウンロードしたMT4を起動するとMT4が立ち上がります。

業者によっては、チャートがドル円のみだったり

ドル円とユーロドルだったりと様々です。

ここからチャートが見たい通貨ペアを増やしましょう。

mt4

左上のファイルから新規チャートをクリックします。

mt5

主要な通貨ペアやマイナーな通貨ペアから選べますので、

こちらから追加したい通貨ペアを選んでください。

時間足設定

追加したい通貨ペアのチャートを表示させたら時間足を設定します。

追加した時点では、1時間足の状態になっています。

mt6

時間足の設定は、上部のメニューバーから好きな時間足を選ぶことが出来ます。

もしくはチャート上で右クリックして、時間足設定から選ぶことが出来ます。

水平線、トレンドラインの引き方

チャート上には、各ラインやテキストを入れることができます。

mt7

左上のメニューバーから引くことができます。

垂直線、水平線、トレンドラインを引くことが出来ます。

ラインを引いて、相場の状況と今後を把握できるので、

MT4利用者で使っていない人はまずいないでしょう。

インジケーターの挿入

チャート上には、各種インジケーターを挿入することが出来ます。

mt8

上部のメニューバーの挿入からインジケーターを選んで、

好きなインジケーターを挿入することが出来ます。

RSIやMACDから、ボリンジャーバンドなど多くのインジケーターが入っています。

普段使っているインジケーターを挿入したり、試しに使ってみるのもいいでしょう。

定型チャートの設定

様々なインジケーターを設定している状態のチャートを保存して、

そのチャートをすぐに設定出来たり、初めから保存されてあるチャートを呼び出すことが出来ます。

screenshot031

チャート上で右クリック、定型チャートからお好きなチャート設定を呼び出せます。

いろんなインジケーターを挿入している現在のチャートを保存したいという場合は、

定型として保存を選択すると名前をつけて保存することができます。

今回は管理人がプレゼントしているHonsitsuを選んでみます。

screenshot032

これで保存した定型チャートで表示させることが出来ました。

MT4でのかなり基本的な部分で今回記事を書きました。

まだまだMT4で出来ることはたくさんあるので、随時アップしていきます。